職場での皮膚科

ホクロ

ほくろとは、成長過程において色素細胞になりきれなかった母斑細胞という細胞が増殖することで生じる、良性の皮膚腫瘍の一種です。医学的には、母斑細胞性母斑あるいは色素細胞母斑と呼ばれます。見た目だけでは、ほくろと皮膚がんの区別はつきにくいことが多いため、大きめのほくろの場合は皮膚科を受診して診断を受けることが重要です。良性であれば治療は必要ありませんが、取り除く場合は手術やレーザーによって除去します。皮膚がんを疑う場合、院長の診断により保険診療で治療を行う場合があります。基本的には自費診療で傷跡をきれいにするため高周波レーザーを使用し局所麻酔下に手術を行います。

ホクロ

痛み止めを内服した後、ほくろを除去する場合は麻酔クリームを40分使用その後10分ほど冷やした後、高周波レーザーを用いて削り取ります。しっかりとほくろを除去すると皮膚に欠損ができます。
術後出血予防と創傷治癒の促進のため、院長の経験から部位によって

縫い方を変えながら糸で欠損部位を縮めていくという工夫をしています。
自宅では当時はできる限り冷やしていただきお風呂やサウナ温泉は極力やめていただきお酒や運動も控えるように伝えております。また出血が院内で全くなかったのに自宅で目立ってきた場合、30分程押さえていただきそれでもじわじわ出てくる場合、翌日必ず受診していただいております。どうしても心配な場合、救急当番医を受診していただくこともやむを得ません。手術かレーザーを選択するかは部位によって院長判断し本人に勧め納得の上で治療を行っていきます。局所麻酔を全例使用します。
抜糸が必要になります 2から3週間のテープ固定が必要です。

治療費用
1個11,000円(税込) 

大きいものは22,000円(税込) 

治療期間
基本は1度での除去を進めます 局所麻酔下に治療を行います

母斑

リスクと副作用

傷跡がそのままだと目立ってしますので当院では色調と質感を見ながら
治療を行います。ほくろの再発 出血 感染 瘢痕 色素沈着 色素脱失
局麻による疼痛 アレルギー 局麻中毒
2種類の施術を勧めて傷跡の改善を目指します。

​悪性が疑われるような場合は近隣の病院紹介する場合もあります。

顔モデル

にきびコース

フェイシャル・トリートメント

フォトフェイシャル

Young Girl with Freckles_edited.jpg

レーザートーニング

リフレクソロジー

巻き爪の矯正

Massage Peel
マッサージピール

Permanent makeup
​アートメイク