泡洗顔

にきびあと

​にきび跡

ニキビ跡とは、ニキビが治った後でも赤みや色素沈着、クレーター(凹み)などが残ってる状態のことです。 人間の肌は表面に近い組織から表皮、真皮、皮下組織に分かれています 肌のバリア機能が低下した状態で炎症が続くと、細菌がみるみるうちに繁殖し、真皮層や皮下組織にまで修復が難しいダメージを与えてしまうことがあり、こうなるとニキビ跡になってしまいます。

にきびの原因は皮脂線の炎症によるものです。にきびが治りに時間がかかるとその近傍の真皮組織にまで炎症が波及してしまいます。その結果、治療しにくい赤みや色素付着を伴った凹凸のニキビ跡が形成されます。にきびは治ったのにニキビ跡が残ってしまったそういった方に当院ではダーマローラーやダーマペン4を使用しております。

にきびあと

ダーマローラー

痛み止めを使用した後に皮膚の表面を非常に細かい針でなぞるように刺激をする方法です。つまり皮膚に小さな穴をあけることにより美容成分などの導入を効率よくするとともに針を使用することで新しいコラーゲンの再生をも促す画期的な方法です。もちろん2-3日間じゃ赤くなりますが、全体にハリが出て赤みもそのうち収まります。この方法の利点は肌が入れ替わる事、ハリ感がでて顔の凹凸が目立ちにくくなること、他に小顔効果やにきび自体もできにくくなる事を実感するでしょう。

レーザーと異なり表皮に熱損傷を与えないのがポイントです。専用のスキンケアセットを使用し2-3日はマスクが必要になります。

ダーマペン4

ダーマローラーと比べ効果は同様であるが

施術をする部位ごとにピンポイントで針の刺さる深さを調節できるのが

1番の異なる点です。つまり目のそばは皮膚が薄いので短く針の長さを設定し頬などは皮膚が厚いので深く刺さるように長く針の長さを設定できるという特徴があります。さらにダーマローラーと比べ皮膚に垂直に刺さるため傷が小さく治癒していく過程でダウンタイムが大幅に短くなったことも利点にあげられます。勿論、痛みや出血の軽減にも多大な影響を与えたといっても過言ではありません。

​詳細は→こちら←をクリック

治療費用 22,000円(税込)/1回毎

(専用の低刺激の基礎化粧製品おすすめしております)

治療期間・回数 3ヶ月1回

※​月に1回と頻回に施術すると赤みがとれにくくなります

Before and After

ダーマペン4

ダーマペン4のリスク

①赤みや皮むけなどの副作用がある

治療で肌に穴をあけるので、内出血や赤み、腫れなどを引き起こす場合があります。針を刺す深さが深いほど、肌が受ける刺激が強くなり、

発症する可能性が高まります。加えて、術後数日から1週間程度は口や目の周りを中心に皮むけが起こる場合があります。

化粧のりが悪くなったり、化粧水を使うとひりついたりすることがあるので注意しましょう。

②肝斑の悪化の恐れがある肝斑とはほほ骨のあたりや額、口の周辺に左右対称に出来るシミのことです。女性にできることが多く、

ホルモンバランスの乱れが主な原因とされています。肝斑の部分に炎症が起こると、色素沈着を誘発する可能性があります。

ダーマペンは、微細ではありますが炎症を起こす治療です。肝斑の部分に対して行うと、悪化させてしまう可能性があります。

Dermapen4patient.png
顔モデル

にきびコース

フェイシャル・トリートメント

フォトフェイシャル

Young Girl with Freckles_edited.jpg

レーザートーニング

リフレクソロジー

巻き爪の矯正

Massage Peel
マッサージピール

Permanent makeup
​アートメイク

形成外科 美容外科 皮膚科 三島市 沼津市 函南町